中古バイクを長期的に長持ちさせるメンテナンス

購入した中古バイク。

そのバイクの寿命を決めるのは他でもないオーナーさんのメンテナンス次第である。まず最低限、やっておくべきメンテナンスは以下のとおり。

 

メンテナンスの基本、ワックスアップ


まずは外装の手入れ。

1度かけたら3ヵ月間ワックスがけ不要とか、いろんなタイプのものが発売されているが、一番いいのは、オーソドックスなタイプでもいいから、まめにかけてあげること。

またワックスがけは洗車後が鉄則。ホコリが付いている状態でかけると、塗装面にキズが付いてしまうからである。そして、水気がなくなってからかけること。

ツヤ取りワックスには固形、半ネリ、液体の3タイブがあり、使用条件によって使い分けるわけだが、ワックス効果だけを期待するなら固形がベストだ。

他の2タイプは種類にもよるが、多かれ少なかれ研磨剤が入っているわけで、必要以上にかけると塗装面を傷めてしまうことにもなるので要注意。

やることだ。ヘタなワックス(研磨剤をたつぶりと使ったようなタイプ)でも使おうものなら、それこそ、ツヤが出るどころか、なってしまうことだって十分ありうるのだ。

やっぱり人間、ラクしちゃいけない。つぎに気をつける点は、とんでもない部分へのワックスがけ。たとえば、フロントフォークのインナーチューブ。

キレイにしたい気持ちはわかるが、オイルシールを傷めることになるので要注意。

ポイントを整理しよう

  • ①ワックスがけはボディが完全に乾いてから。弧を描くような感じで少しづつかけていくのがコツ
  • ②ひととおりワックスがけが終わったら、このように白っぽい状態になるまで待って拭き取り作業。
  • ③ワックスを拭き取るには十分に乾いた柔らかいウエスを使う。ここでは水気は禁物なのだ。

 

 

カウリングのスクリーンの手入れ

透明感のなくなったスクリーンは、プラスチック用ワックスで透明感を取り戻すことも可能。
表面の細かい傷の場合、プラスチック用ワックスで丁寧に磨き上げることで輝きを取り戻す。その差は傷だらけの状態に比べ一目瞭然である。

 

バイク購入失敗談


CBX400Fの3型を購入したんです。

確かにカラーは3型だし購入時にショップでは3型だというので信用したんです。ところが購入後たまたま他のバイク屋で見てもらったら「3型じゃなくてI型だね」といわれて、車検証を確認したら本当に1型なんです。

どうやら3型の外装だけ取り付けたものを買わされてしまったんです。ショップにクレームをつけたら『ウチは外装で判断してるからねえ」と全然取り合ってくれなくて・・・。

古い中古車で意外とありがちなのがこの型式のトラブル。特に人気のあるモデルの場合、年式違いに売れ線の外装をつけたり、事故で外装がダメになった場合なんかもよく年式が違う外装をつけて売っていたりする。

購入の際は必ず車検証などの書類で型式を確認するのがポイント。またフレームナンバーからの型式を確認することもできる。

バイクが事故車だとしても、業者だってまさか、そのままの状態で店頭に並べるわけがない。それを見極めるために他の部分の入念なチェックも必要といえるのだ。

信用できる店舗をみつける

中古車なんだから多少のキズやツヤあせはあって当り前。ところが回りの外観の程度に比べ、タンクだけが妙に新しい。この手のものは要注意だ。

ただ良心的なバイク屋さんの中には、立ちゴケかなんかでヘコんだタンクを新しいものに交換してくれていたりするケースもあるので、全部が全部事故車と決めてかかるのも考えものだ。

このあたりになるとショップ間との信用問題となってくる。

購入も売却もやはり自分の信用できる店舗をみつけることが自分自身を守るための最大の防御策なのかもしれない。

購入については当サイト。売却に関してはこちらのサイト→おすすめバイク買取店舗比較などのサイトを活用していればいいだろう。