中古バイク購入時の注意!外観でどう選ぶ!?

中古車選びで肝心なのが外観。見た目が良ければすべてよしというわけでもないけど、パッと見た第一印象が悪いと感じたらまずやめた方がいい。

これは経験上、自信をもっていえる。

不思議なもので、第一印象というのは案外無視できないのである。もちろん、外観から品定めをやるには、それなりの予備知識ぐらいはおさえておきたい。

狙っているバイクの新車時の状態を事前に頭にインプットしておくと、中古車選びが楽になる。たとえば、カウルのある部分だけが異様に光っているとか、タンクだけがきれいだったりするバイクは事故車だったりする場合があるから、その辺の見きわめ方でとても役に立つはずだ。

 

綺麗な外観が良いとは限らない


外観がピカピカならそれでいいというのではないのである。要は全体の程度のバランスがとれているかがポイントなのだ。逆に、走行距離は少ないのに、キズやサビが多いバイクも要注意。

偽りがなく、距離数の少ないものでも、前のオーナーの管理状態が悪ければ、それだけ(イクの痛みも早くなる。極端な話、管理状態や乗り方の悪い少走行のものより、管理が行き届いていて、走りにも影響がなければいいのである。

試乗してもそれらを見分ける自信がなければ、できるだけ知らないお店では買わないようにするとか、バイクに詳しい人を同伴することだ。詳しい人間んがいるといないとではバイクショップのスタッフの対応も大きく変わるのである。

 

じっさいに触れてみること


カウルレス車の人気が高まっているとはいえ、レーサーレプリカ車を代表するように、カウリングを装着するバイクの種類は多い。

なんだかんだいってもカウリングがライダーに与える恩恵は大きいのだ。どうせならしっかりしたものを選びたいものである。少々割れていても後で交換すればいい、なんて考えはやめた方がいい。

いくら樹脂でできているとはいえ、交換するとけつこうな出費になることを忘れないでほしい。

少しの割れが、乗っているうちに振動で大きくなり、走行に支障をきたすことだってあるのだ。カウル自体は割れていなくても、カウルとシャシーを止めるステー(取り付け用の金具)が曲がっていたり、固定用のビスやクリップ付近のカウル
にひび割れなんてケースもままある。

よほど年式の古い車で、劣化したものでない限り、転倒などによる事故の後遺症ということも十分に考えられるので、取りつけ部の確認も重要ポイントだ。ただ眺めて見るだけでなく、実際に指で押したりして触れてみること。

面倒かと思うが購入後に思わぬ事故歴・転倒歴が発覚し、後悔しないためにも確認しておきたい部分だ。