購入時にかならずチェックしておきたいポイントその2

今回も引き続き、中古バイク購入時にかならずチェックしておきたいポイントを、車種別で紹介しておきたい。

オフロード車両やアメリカン車両の場合、一般的なロードスポーツとは細かい部分の判断も異なってくる。以下、代表的な車種について述べておこう。

ヤマハ セロー225

最近のアウトドア志向、トレッキングブームにのり、ヒットモデルとなったのがこのセローだ。

市場の需要もタマ数はオフ車としては珍しいほどの好バランスとなっている。平均相場価格はやはり初期型よりセル付きの方力塙く、多少高く
てもセル付きがオススメだ。

チェックポイントといっても、オフ車ということもあり、多少のキズはいたしかたないといえる。特にチェックしたいところは、フロントブレーキのタッチだ。

ブレーキホースにエアが入っていないか、また、前オーナーにもよるが、フロントブレーキパッドの減りが結構早く、パッドの残りは必ずチェックすること。

カワサキ KDX200SR

一般的に草レースと呼ばれる地域的なエンデューロレースの盛り上がりで、最も目立つ機種がこのKDXだ。89年のデビュー以来の高人気で、市場のタマ数も豊富に揃っている。

相場的には倒立フォーク採用の90年以降のモデルはどうしても高いが、どうせならやはり倒立フォークがオススメだ。しかし激しい使われ方
の多い機種であるため、その分商品の程度の見定め力灘しいといえるだろう。

特にといえば、やはりサスのへたり、倒立フォークの作動がスムーズかどうか、またリヤのユニトラックサスも同様にチェッ
ク。エンジンは必ず始動させ、排気煙などで調子を調べよう。

ホンダ AX-1

オンもオフも走れるデュアルパーパスがAX-1の持ち味だカミ夷禦にはシティーコミューター的な使われ方が多いのがこのモデルの特徴。

そのことからも別にワインディングを攻めるわけでもなく、オフをガンガンに走ることもないため、事故車でもない限り比較的商品の程度差
が少ないといえる。

大きな転倒か事故車かどうかなどのチェックポイントは、フロント回りを中心に、特にホイールの歪
みを注意して見ること。

また、常識すぎて意外と見落としがちなのが、ハンドルの曲がりだ。オフ車のハンドル幅でアスファルトでの転倒では、ちょっとしたダ
メージでも曲がりやすいので要チェック。

国産アメリカン車輌

ホンダ レブル

シャレっ気タップリの本格的スタイルや、低速トルクが太く扱いやすいことから人気の高いレブル。

このモデルを選ぶ際にまず気をつけたいのが、85年式はlキヤブ、86年式以降は2キャブと90年には大きくモデルチェンジしてるが、機能面の充実と高級感あふれる造り込みという点から、おススメは89年以降モデル。

外観だけでなく、書類をキチンと見ることが先決といえる。

あり、外観、エンジンともに大きな問題は少ないといえる。

またものによっては前オーナーがマフラーをぬいてたりする場合もあるので要チェックだ。

ただ程度がいい分、それほど乗っていなかったともいえ、セルのかかり具合いなどのバッテリーチェックは重要だ。