安い中古車を選んだとしても、残念ながら賢い選択とはとてもいえない

よほどの旧車や希少価値の高いマシンでもない限り、新車より高い中古車なんて基本的には有りえない。

このため中古車のメリットは一般的に、新車に比べて価格が安いことだと思われている。もちろんそれは間違いではないし、価格の安さは確かに中古車の大きな魅力のひとつではある。

しかし、「ただそれだけ」というわけでは決してないのだ。

ここに目を向けないまま、単純に安さだけにひかれて中古車を選ぶのだとしたら、いくら安い中古車を選んだとしても、残念ながら賢い選択とはとてもいえない。

バイクの真の楽しさだって見落としてしまう


それどころか、バイクの真の楽しさだって見落としてしまう可能性さえあるのだ。

たとえば本当に欲しいマシンが別にあるのに、予算が足りないからという理由だけで他のマシンを選んだとしよう。すると、そのマシンに乗っている間は常に、何らかの欲求不満を抱えることにもなってしまう。

こうしたフラストレーションは、いつの間にかバイクライフのさまざまな局面で、微妙にしかも着実に影響を及ぼすはずだ。

もっとも、長く乗り続けてさえいれば、少しずつ愛着を深める、というケースだってなくはないだろう。けれど不幸にして、もしそうならなかった場合には、増えるのは確実にリスクばかりということにもなる。

これでは充実したバイクライフなんて望めるはずもないし、楽しいはずのバイクそのものが、単なる危険な乗り物と化してしまう。

そもそもバイクという乗り物は、クルマと比べたら実用性なんてほとんどないと言ってもいい。しかし、それだけに個性も趣味性も比較にならないほど強い。

だからこそまた、とてもチャーミングな愛すべき存在にもなってくれるわけだ。ところが、肝心の愛すべきポイントを考えずに選んでしまうと、必然的に魅力は半減するだろう。

本当に自分に合ったバイクと出会えるかもしれない


新しいのは確かに魅力だが、中古車に目を向けることで、本当に自分に合ったバイクと出会えるかもしれない

我慢して乗っていれば気に入らない部分ばかりが目につくようになってしまう。そんな状態でマシンを愛してやるなんて、どだいムリな相談だろう。

ムリなライディングを続けても、増えるのは当然リスクばかり。本来なら必要のないリスクを背負い込んで、それで嬉しいならまだしもイ
ヤイヤ乗っているなんて、そんな馬鹿げた話はない。

こうした失敗をしないためにも「自分がバイクに対し何を求めているのか!」を、まず最初にキッチリ把握しておくことが先決だ。

これは何も中古車を選ぶときだけの注意事項ではなくて、新車の場合だってまったく変わらない。ぜひ中古バイクを購入する際は、こういった自分のバイクに対する欲求をハッキリ明確しておくことをおすすめする。