バイクってお互いの命を託しあえる良きパートナーなんです

いずれにせよ何より大切なことは、バイクとライダーが本当に気の合った相棒同志、つまり、お互いの命を託しあえる良きパートナーとなれるのかどうかだ。

ということは、他人の計価や単純なパワー比較、それに価格などといった細かなことは、本来バイク選びの本質とはまるで関係ないということ。

こうしたことは、ちょっと冷静に考えてみれば、簡単にだれだって分かるはずだ。

いくら美男美女だからといって、まるっきり性格の合わない恋人では楽しいはずがないだろう?

ましてバイクは、自分の命を託すばかりか、ヘタをすれば無関係の他人をも巻き込みかねないのだから・・・・当然のことだ。

 

バイクはクルマなんかより、よほど人間に近い乗り物


何よりも、バイクはクルマなんかより、よほど人間に近い乗り物なのだ。だからこそ選ぶ基準も、より人間に近くなる。いくら他人がダメだとコキ下ろそうが、自分が100点満点と感じるならばそれでいい。

自分の価値観を貫けるかどいうか・・・という部分が運命的なバイクとの出会いにつながるわけである。

当然、選択対象は多ければ多いほど、より自分にピッタリするものを探し出せるはずだ。

中古バイクは自分の希望を満たしてくれる

ところが新車で販売されているバイクの数はいうまでもなく限りがある。しかもそいつは、今いちばん売れるもの。ようするに流行を優先させているから、必ずしも自分の希望を満たしてくれるわけじゃない。

そこで注目したいのが中古車というわけだ。

 

ある特定の目的(たとえばサーキットをより速く走る)のために選ぶのでなければ、バイクの新しさと魅力の本質とは、それほど関係の深いものではない。

かつては人気の無かった(売れなかった)バイクにも、現在の新車にはない魅力が確実にある。もしかしたら、:
それこそが今、キミの求めているものなのかもしれないのだ!

基本的には新車よりも安く手に入れることができる


そのうえ、基本的には新車よりも安く手に入れることができる。新車ならクォーターさえ買えない予算でも、ヨンヒャクやナナハンが、場合よってはリッタークラスだってOKだ!

またカスタマイズしてより自分好みに仕立て上げるのもいいだろう。いたずらに新車にこだわらず、ちょっと視野を広げれば自分の可能性もぐ-んと広がる。それこそが、中古車の本当の魅力なのだ。

 

運命的なバイクとの出会い


ところが、中古車では絶対にそうはいかない。

先にも書いたとおり、価格の安さは中古車の最も理解しやすく、また大きな魅力のひとつとなっている。しかし、それだけに盲点になりやすいポイントでもある。

これは中古車購入にあたって、特に注意しなければならない。要するに中古車ならすべてが、必ず安いとは限らないのだ。

こうしたことを知るには、そもそも「中古車とはどういった商品なのか?」を、よく理解しておく必要がある。

たとえば新車なら日本全国どこで購入しても、同じマシンであるかぎり性能差などありえないし、価格も基本的には大差ない。要するに、だれがどこで買っても、変わらない品質を保てるわけだ。

たとえ同年式の同モデル、ボデイカラーも同じなら走行距離も大差ないという、まつたく同じに見える商品があったとしよう。けれどもこれは、あくまで同じに見えるだけであって、その本質はまったく別物なのだ。

それが中古バイク選びの難しい部分でもあり、もっとも楽しい部分でもある。運命的なバイクとの出会い・・・そこに起因しているのかもしれない。