なぜ中古バイクの価格帯が一律化しているのか?

なぜなら、前オーナーが違うのだから当然その使われ方も違うだろうし、保管や走行状況など、あらゆる背景そのものが違う。

極端な活、ベテランが大事に扱ったマシンとビギナーが乱雑に扱ったマシンとでは、どう考えても同じわけがない。にもかかわらず実際の
中古車市場では、こうした違いが明確な価格差とはなってはいない。

つまり外観さえ一定レベルに保たれていれば、程度にかかわらず同じような価格設定になっているのだ。それはどうしてかといえば、中古販売店による物が大きい。都合よく相場を決めているに過ぎない。

中古車選びは危険といわざるえない。ユーザーにしてみれば、確かに価格は無視できないポイントだろう。しかし中古車だからこそ、後々のことをもっと真剣に考えるべきだ。

本当に重要なのは、自分がそのバイクとどのようなつき合い方をするのかということであり、低価格はあくまでも一時的な魅力にすぎない、ということを覚えておこう。

 

購入後の計画も考える


たとえ中古車であっても、バイクを1台手に入れるとなれば、それなりにまとまった資金が必要になる。おそらく多くの人はバイトをしたりして、あこがれのバイクのために必死になって貯金をしてるはずだ。

その熱意に水をさすつもりはないが、バラ色のバイクライフのため
にも購入計画は慎重に行ないたい。

なかでも最も気をつけたいのが、ランニングコスト(維持費)の把握だ。バイクにかぎらずどんなモノでもそうだが、イニシャルコスト購入
資金)にはすごく敏感なのに、その先のことを考えてない人が意外にも多い。

このため、あり金をはたいてバイクを買ってはみたものの、ガソリン代がなくて走れないなんて悲惨なケースもある。これほどヒドクはないにしても、転倒して修理もままならないといったライダーは多いようだ。

バイクを所有する以上オイル交換は絶対に切り離せない。お金がないから今回はやめようなんてわけにはいかないのだ

やはりバイクを買ったらツーリングにはいきたい。しかし毎月ローンに追われ、まさにガソリン代も出ない、なんて悲しいことにならないよう
に、購入計画は慎重にやろう

購入時の失敗談


電話による通販でバイクを購入、ところが届いたバイクのカラーが注文と違う。交換してもらおうと思ったら「申し込み書類には指定がしてなかったので、こちらで決めさせてもらった。どうしても交換したいなら配送料は有料になる」と言われてしまった。

自分で記入した申し込み書類の控えを調べてみたら色の指定欄はうっかり見落として記入してない。高い配送料を
払うのもバカらしいので欲しいカラーはあきらめてしまいました。

このほかにも、連続購読していれば販売店ごとの特色や特徴、つまり、どんな車種が得意なのか?さらには、その販売店の販売姿勢など重要なところも見えてくる。

 

良心的な販売店かどうか?


たとえば掲載される商品の写真が毎号変わらない販売店なら、それだけ売れていない証明ともいえるだろう。価格や年式などスペックは違うのに、写真が変わらないとなったら問題の根はもっと深いものがある。

写真代など広告費をケチっているか、さもなきや見せかけだけのオトリ広告なのか?

どっちにしても、あまり良心的な販売店とは思えない。また、スペック内容に不備(価格だけで年式や走行距離、車検残が記載されていないなど)がある広告を平気で載せるような販売店も、やはり信頼性に乏しいと思って間違いないだろう。

というように、中古車情報誌から読み取れる要素は思いのほか多い。こうしたことを実際に販売店まで行って確かめることを思えば、たかが数百円の投資など安いもの。とはいえ、せっかく投資したならムダにせず、できるだけ多くの情報を引き出すのが賢い消費者だ。